×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

┌──────────────────┐
│ ネットでモンゴル携帯へメッセージ ├[Интернетээр Монгол гар утастай "msg" солилцох]
└──────────────────┘


 インターネットを使ってモンゴルの携帯へ簡単にメッセージを送ったり、受け取ったりすることが出来ます。 日本はもちろんモンゴルを含めインターネットさえ使える環境ならどこの国からでも モンゴルの携帯とやり取りすることができます。が、それには簡単な手続きが必要です。 ウランバートルホテルの横(広場方向に)にある  MobiNet  へ行き 「  ログイン名  パスワード  」 をもらって手続きは完了です。10分もあれば終わります。ログイン名・パスワードをもらったら それをMobiNetのホームページ へ行き入力すると、モンゴル携帯とやり取りができるようになります。使い方も簡単です。 有料ではありますが、ネットでの受信に関しては無料なので一度契約するとプリペイド(事前に購入したメッセージ送信分) が切れても受信は常にできるかと思います。

 ・MobiNet:web2smsのホームページ ・・・> http://web2sms.mobinet.mn



1. まずは、MobiNet へ

場所は、簡単です。ウランバートルホテルを正面に見て左にあります。

※証明書とか特別な物はいらないので、特に本人である必要はありません。 ウランバートルに住んでいる仲のいい友達に頼んでも問題ありません。

 


2. 手続きの前にいくら(何メッセージ)分を買うか決めます。

1メッセージが30トゥグルグ(約3円)で、右の表にあるような まとまりで買うことになるかと思います。 MobiNetのホームページ より抜粋しています。ちなみに、1メッセージは、半角英数にて160文字です。
 
30 msg   900
70 msg   2,100
100 msg   3,000
200 msg   6,000
500 msg   15,000
この単位での購入かと。。
3. 受付にて

 「WEB2SMS」と言えば、すぐに分かってくれるはずです。 購入する分のお金を払って、 ログイン名パスワード 、それから携帯電話とやり取りするための 番号をもらって終わりです。

ちなみに、ネットを使ってモンゴル携帯へ送信すると、受け取った方の携帯には、 契約の際のID名がメッセージの先頭に常にはいるのでそれを考慮にいれて ID名は、決めましょう! 追加もMobiNetに行って簡単にできます。
 

k-tai
ID名がmongol の場合こうなります。


web2sms サービスの長所と短所
 良いとこ
世界中どこからでもやりとりできる。特にモンゴルにいる人と急ぎで連絡が取りたい時に便利。
受信には、お金がかからない。契約及び追加の際以外お金はかかりません。(プロバイダとの接続料・電話代は、省く。)
パソコンを使っての場合は、入力が楽。
今どきの日本の携帯電話だとインターネットができるのでそこからこのweb2smsサービスが使える。
 悪いとこ
メッセージが来てることをインターネットにつながないと確認できない。(携帯電話への転送サービスはなさげです。)
web2smsのサービス内にアドレス帳は、あるものの受信の際、相手の番号のみの表示なので誰からのメッセージか 自分で番号と比較しないと分からない。
相手側の携帯にID名が先頭に常に入ってしまい、ちょっと見づらい。
相手側の携帯にID名が先頭に常に入ってしまい、一度に送信可能な文字数がその分減る。合計で160文字。
モンゴルに自分がいるか、知り合いがいないと契約及び追加ができない。


今回は Mobinet での手続きでしたが、Skytel でもできるかと思います。 詳細は、まだ調べていませんがもし希望があれば調べてみますので ご連絡下さい。


このページのTOP