×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


モンゴルマン モンゴルマン
モンゴルマン キーボード


Updated 2005.02.15(火) by Nagano

はじめに
  モンゴルマンキーボード配列  とは、英語のキーボード配列と似ているモンゴル語キリル文字の キーボード配列のことです。英語のアルファベットと発音的に似ている場所にモンゴル語のキリル文字を配列してあります。 日本人及び、その他英語配列のキーボードを日常使っている人にとってはとても覚えやすい配列になっています。 実際に使ってみるとその便利さが分かるかと思います。英語のキーボード、モンゴル語標準配列のキーボードとも 見比べてみて下さい。 また、使っているパソコン(OS、その他の環境)によってダウンロードするファイル、 インストール方法、使い方等々違うので ご注意下さい。

このキーボード名になっている「モンゴルマン」とは、みんなも知っての通り?「キン肉マン」に出てくるのアニメキャラクターから きています。 マスクの中身は、「ラーメンマン」ですよね笑。僕が小学生のころ大人気のアニメでした。「モンゴルマン」に馴染みのない方は、 キーボード名が「インターナショナル・モンゴル語・キーボード」のサイトよりダウンロード・インストールをお願いします。 すみませんが、日本語でのサイトはまだ準備中となっております。モンゴル語にて説明しているサイトは準備できているので そちらからお願いします。そちらからダウンロード・インストールしたものも日本語環境にて問題なく使えます。 お急ぎの方はメール下されば個別対応しますよ。


クリックすると拡大されます。
図01 - モンゴルマン キーボード(インターナショナル配列)
  • モンゴルマンキーボードの配列表オリジナル


英語キーボード配列
図02 - 英語キーボード


クリックすると拡大されます。
図03 - モンゴル語 標準キーボード(MNスタンダード配列)





お使いのパソコンは? ................(※下記関係ありそうなところでクリックして下さい。
  • WindowsXP


    • レベル00
      まだ全くモンゴル語が入力でない状態で 、上図01の" モンゴルマンキーボード配列 "が使ってみたい場合。

    • レベル01
      まだ全くモンゴル語が入力でない状態で 、上図03の" モンゴル語 標準配列 "が使ってみたい場合。

      ※Windows XPは、元々上図03の" モンゴル語標準配列 "でモンゴル語が入力できるように作られています。 その場合、特に ダウンロード・インストールなどの作業はいりません。

    • レベル02
      現状、上図03の" モンゴル語標準配列 "でモンゴル語が入力できているが、上図01の" モンゴルマンキーボード配列 " も使いたい場合。一番ありがちなパターンなので、このページ下記の方に載せてあります。

      ※両方のキーボード配列を切り替えながら使えるので、モンゴル語標準配列に慣れている人と コンピュータを共有している場合にも便利です。また、" モンゴルマンキーボード配列 "のみ必要で元々ある" モンゴル語標準配列 "を無効にしたい場合、そのやり方も書いてあります。



    • 「Arial Mon、Times New Roman Mon」系のフォントも使いたい方は、下記のいずれか選択して下さい。
      ※Adobe製品を使っている方、また古いOS(Win95, 98, ME)とやりとりのある方におすすめです。


    • レベル03
      「Arial Mon、Times New Roman Mon」系のフォントも使って 、上図01の" モンゴルマンキーボード配列 "にてモンゴル語が入力したい場合。

    • レベル04
      「Arial Mon、Times New Roman Mon」系のフォントも使って 、上図03の" モンゴル語標準配列 "にてモンゴル語が入力したい場合。

    • レベル05
      「Arial Mon、Times New Roman Mon」系のフォントも使って 上図01の" モンゴルマンキーボード配列 "と 上図03の" モンゴル語標準配列 "の両方を切り替えながらモンゴル語が入力したい場合。
      ※元々使われているモンゴル語標準配列に慣れている人とコンピュータを共有している場合に便利です。


 Windows XP  -  レベル02

モンゴル語は(上記モンゴル語標準配列にて)入力できるが、英語のアルファベットと同じような配列の" モンゴルマンキーボード配列 "も使いたい場合このページを参照下さい。




 ダウンロード  -  レベル02
  • 下記ファイル上で「右クリック → 対象をファイルに保存...」にてどこか適当な場所にファイルを保存して下さい。 以下デスクトップに保存した場合を例にとって説明します。保存が終わったらインターネットの接続は切っても大丈夫です。

    Mongol Man.exe - ( 70KB ) <= 今回は、このファイルのみのダウンロードだけで大丈夫です。


  • モンゴルマンキーボードの配列表 .......  ※下記いづれかをダウンロードして印刷しておきましょう。


    • MN-key.xls -- (53KB)
      Excel形式のファイルです。モンゴルマンキーボード配列と合わせて元々モンゴルの人が使っている モンゴル語標準配列も載っけてあります。

  • Arial Mon Times New Roman Mon」のフォントセット
    • MonFonts.exe - (265KB)
      「Arial Mon」系のファイルで書かれたものを読むためには必要なものです。 Win95, 98などを使って書かれたモンゴル語のファイルなどは、これらのフォントが ないと見れない場合が結構あります。



 インストール方法  -  レベル02
  1. ダウンロードしたデータの解凍・展開
    • データは、ダウンロード時間を短くするために圧縮してあります。 ここでは、その圧縮されたファイルを解凍して使える状態にします。




    まずは、圧縮されたファイルを実際に使えるように
    "Wクリック" して解凍してあげましょう。
      Mongol Man


    自己解凍画面
    Install ボタンをクリックして下さい。

    ファイルを保存した場所と同じ場所に解凍が始まります。





    解凍後のフォルダ MongolMan
    解凍が終わると、このフォルダが自動でできます。
    "Wクリック" で、中に入ってみましょう。
     Mongol Man



  2. モンゴルマンキーボード配列のインストール。


    MongolManフォルダの中
    そこにある "HiroMN.msi ファイル" をWクリックして5、6秒待って下さい。

    ※同じフォルダにあるi386フォルダは特に気にしなくて大丈夫です。そっとしておいて下さい。
      MongolManフォルダ内




    インストール成功です。
    安心して"Close"をクリックして下さい。
      Mongol Manインストール成功画面



  3. 最後に今インストールしたものを有効にするための設定をします。 もう少々お付き合い下さい。^_^;


    コントロールパネル

    コントロールパネルへ移動して下さい。

    スタート → コントロールパネル



    ※環境(クラシック表示)によっては、

    スタート → 設定 → コントロールパネル

    の場合もあります。




    地域と言語のオプション コントロールパネルの中にある左の
    日付、時刻、地域と言語のオプションをクリック。

    ※環境(クラシック表示)によっては、「地域と言語のオプションをWクリック → 言語」 で2つ下の画面がでます。




    他の言語を追加
    ほかの言語を追加するをクリック。



    地域と言語のオプション-言語-詳細
    言語 → 詳細... をクリック。




    言語の追加画面
    「追加...」 をクリックして
    モンゴル語のモンゴルマンキーボード配列を有効にしましょう。





    ※もともとある上図03の"モンゴル語標準配列 " が必要なく、無効にしたい場合は、左の ・モンゴル語(キリル語) を選択して 削除ボタンをクリックして下さい。
    それから「追加...」を押して下記作業を続けて下さい。




    言語の追加画面-Mongol Man key配列
    ①入力言語を
     モンゴル語 (キリル)

    ②キーボード配列を
     Mongolian(Cyrillic)-Mongol Man

    として、OK→OK。
    これで作業は、すべて完了です。


    モンゴル語を上図01の" モンゴルマンキーボード配列 " にて入力できるコンピュータになりました。
    お疲れ様でした。 あとは、下記簡単な"使い方"を参照下さい。





 使い方  -  レベル02
※文字を入力する際は、どんな言語を使う場合でも「 フォント」及び「 言語入力バー」 の2つはセットで機能します。常にこの2つを意識するように心がけましょう!




word では、実際に Word を開いてモンゴル語を入力してみましょう。Word がなければその他何かプログラムを開いて下さい。
 ※下記作業は、Ⅰ(カーソル) がWord 上にある状態で行って下さい。


FONTS
まず、Word 上で「フォント」 を決めます。

いろんなフォントがありますが、今回は「Arial」を選択して次に進みましょう。





IME-bar

次に、言語を選択します。

画面右下または、タスクバーにある 「言語入力バー」 の "JP" ボタンをクリックして "MO-モンゴル語(キリル)" を選択して下さい。
            ↓  ↓ IME-MObar

最後に、今選んだ言語(モンゴル語)の中で" モンゴルマンキーボード配列 " を選択します。

左図 "MO" の右横にあるキーボードの絵をクリックし、Mongolian(Cyrillic)-Mongol Man を選択。
インストールの3.で"モンゴル語標準配列 " (・モンゴル語(キリル) ) を削除した場合は、左のキーボードの絵は出てきません。モンゴル語入力は " モンゴルマンキーボード配列 " のみとなります。





Word -サンプル
では、実際に 「 Монгол 」 と入力してみましょう!

うまく入力できていない場合は、もう一度 「フォント」と 「言語入力バー」 を確認して試してみて下さい。




- 以上 -


 ご意見・ご感想等。。。

不明な点、その他何かあれば下記ブログのコメントにアドレス付でコメントを残して下さい。

ブログ記事(モンゴルマンキーボード) → http://nagano53.seesaa.net/article/113543326.html



このページのTOP